Q.よくドラマなどを見ていると、銀行や消費者金融には、ブラックリストなるものがあり、それに載っている者には、厳しい対応をしているというような内容を見かけるのですが、実際に現実の世界でも、消費者金融や銀行などに、こういったフィクションなどで登場するブラックリストはあるのですか?また、もしそういったものがあるとしたら、どんなことをするとそのブラックリストに登録されてしまうんですか?

A.ブラックリストというものは、名前がひとり歩きしている印象がありますが、実際にそういったリストが存在するかという質問に対して、答えは否です。通称の銀行や消費者金融内でそういった特定個人を登録するブラックリストの存在は確認されていません。しかし、ブラックリストではなくても、金融企業の担当者が、個人の情報を確認する対象であれば、存在します。信用情報機関という場所に登録されている個人の金融取引の照会情報です。ここでは、その個人が過去数年にどういった借金や、各種債務整理などの手続きを取ったかなどが記録されています。

巷で言われているブラックリストの一番近いのは、この信用情報機関に登録される異動情報でしょう。これは、例えば、借金を返済するときに滞納をしたり、自己破産などの債務整理をすると、その内容が登録されます。消費者金融は、借り入れを申し込んできた人に対して、必ず、この信用情報機関に情報の照会を行います。その時に、この異動情報が見つかると、借り入れを断るケースが多いのです。滞納は、延滞と違い、たとえ一日であっても問題となります。あなたがブラックリストに載りたくないのであれば、延滞はともかくとして、滞納行為だけは絶対にやめるべきです。

融資のブラックリストってあるの?借金のデータベースって何?

融資を受けるとき、必ず金融機関では審査を受けますよね。このとき、その人の情報を調べて、ブラックリストに載っていると絶対お金を貸してくれないと聞きます。

このようなブラックリストは本当にあるんでしょうか?あらゆる借金について全ての人のデータベースがあるんですか?

融資のブラックリストとは信用情報機関の事故情報のことです

お金を借りる方法はいろいろあるわね。住宅ローンのように住宅が担保になっているものや、カードローンのように無担保でお金を借りる形のものなど、その融資の形は様々だけど、いずれにしても個人の信用というのはとても重要視されるということは分かるわよね。特に担保も保証人もなく、ただその人の信用だけでお金を貸すカードローンの場合、その人がちゃんと返済をしてくれる人なのかどうかという確認をしない限り、リスクが大き過ぎてお金を貸せないでしょう。

でも、ひとつの業者だけで全ての人の信用情報をチェックするのは限界があるわ。自動車ローンを使っている人や、消費者金融で借入れている人、また銀行やクレジットカードでお金を借りている人なども含めると、1人の人がさまざまな場所で借入をしていることになるわよね。そのとき、その会社での借入だけでなく、他の業者での借入や返済についても確認することができれば、より安心にお金を貸すことができることになるでしょう?

また、今は総量規制という制度が導入されているから、その人の年収の三分の一以上を貸さないよう、常に他の業者からの借入状況も確認しておかないといけないわ。そのため、業者同士がお互いの顧客情報を確認できるよう、信用情報機関で情報をやり取りできるようになっているの。

また、同じ業者同士だけでなく、消費者金融や銀行など別種の業者同士でも、一定のデータは共有できるようになっているのよ。その中のひとつが、ブラックリストと呼ばれるデータなの。でもこれは利用者が使っている俗称であって、実際にはブラックリストではなく事故情報と呼ばれているのよ。

事故情報は、2、3ヶ月以上の延滞をしたことと、債務整理をしたこと、これについてはどの業者からも確認できるよう共有データになっているの。つまり、事故情報はどの業者にとっても重大な情報ってことね。この事故情報が登録されている人は審査で即座にはねられてしまうから、ブラックリストなんていうおどろおどろしい名前になってしまったんでしょうね。

でも、今はブラックリストに載ってなければ大丈夫って訳でもないの。というのも、事故情報ほどではないにしても、延滞が多かったり借入額が多かったりという人もいるから、直接個人の信用情報を確認した方が良い場合もあるわ。でも異なる業者では信用情報機関も違うので、本来ならば調べることはできないはずよね。ところが、今は銀行のカードローンの保証会社を消費者金融や信販会社が担っていることもあって、異種業者間でも信用情報のやり取りができることもあるのよ。

また、異なる業者の信用情報機関同士が共有しているデータは、延滞や債務整理などの事故情報だけじゃないの。本人が申告した内容については異種業者間でも共有できるので、もしも前回の申告内容に比べて年収などに大きな違いが見られた場合、延滞などがなくても審査に落ちてしまう可能性があるわ。多少のズレは問題ないけれど、同じ勤務先なのに以前の年収よりも大幅にアップしていたり連絡先が変わっていたりすると、警戒されてしまう可能性は高いから気をつけてね。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2021 【生活支援!】人気の消費者金融徹底比較サイトはココっ! All Rights Reserved.