固定電話がないと消費者金融の審査は不利か

キャッシングベスト3

固定電話がないと消費者金融の審査は不利になりますか

あった方が良いに越したことはありませんが、大丈夫です

固定電話がないと消費者金融の審査は不利になるかどうか気になるところではありますね。これは固定電話がある方が良い、に決まっていますが、近年、携帯電話やスマートフォンのみを使い、固定電話は引かないお宅も増えています。

それほど固定電話を重要視するわけでもないでしょう。それが原因で審査を落とされることは考えづらいです。むしろ、携帯電話料金の不払いや延滞が発生している方が審査でひっかかります。気をつけてくださいね。これは意外と落とし穴なのです。

今の携帯電話の料金は携帯電話本体の料金も分割して乗っかっている場合が多いです。そうすると、携帯電話本体の料金の不払いが発生してしまっている状況です。これは、流石にまずいですね。

そもそも消費者金融は安定した収入がある人しか審査通過できません。安定した収入がある、すなわち、職場があるということです。確認電話は最近ではかける先が選択できるようになっています。職場に確認の電話をかけることもできますし、極論を言えば、あなたの携帯電話にかけてもらうことで確認OKの消費者金融もあります。

固定電話のある意味というのがだんだん薄れてきてしまっているのかもしれませんね。と、いうわけで固定電話がないことをそれほど気にする必要はないですよ!気にする必要があるものは、勤続年数、職歴(短期間で転々としているのは信用されません)、安定した収入、身分を証明するもの、事前に不足書類がないかどうかを問い合わせて確認しておくのは大切なことです。そうすることで、スムーズに審査を受けられますから。不安が少し減るでしょう。

さらにアドバイス!審査に落ちるのではないか?という不安から、1度に複数の消費者金融に審査申し込みしまくるひとがいますが、これはマイナスです。絶対にやらないでください。

それほどお金に困っているのだ、多重債務者予備軍だ、融資をしても返済してもらえないかもしれない、という消費者金融側の不安を煽る行動です。裏目に出てしまうわけです。1件審査を申し込んで、結果を確認してもし駄目であれば、もう1件というふうに順番に申し込むのも重要です。

お金を借りるということ自体が悪いことではありませんが、それほど注意が必要だ、ということ。慌てずに、落ち着いて、必要なことを淡々とこなすことの積み重ねが、審査通過につながることを覚えておいてください。

【参考ページはこちら】
確認電話をしない消費者金融はある?

消費者金融でのサービス申し込みで固定電話は必要なくなってます

消費者金融の各サービスで固定電話は必要なくなってきています。これまでの消費者金融のサービス、特にキャッシングサービスの利用の際に行われる審査では固定電話が必須と言われてきました。固定電話の利用については住所の確認と本人確認のために利用されるようです。固定電話がない場合は連絡手段がないということもあり、審査は厳しい結果が多かったようです。

現在では携帯電話での申し込みも可能となってきていますが、住所確認については携帯電話での登録の場合は携帯電話に確認の電話が行われることもあるようです。また、会社に努めている場合に在籍確認が行われることも少なくなってきていますが利用限度額によっては必要がない場合も多くなってきているようです。

消費者金融のサービスとしては現金を貸し出すサービスとなりますので法的な制限が行われます。法的制限は消費者金融向けの制限で、総所得の3分の1を超える現金を貸してはならないという制限です。

総収入については複数の所得がある方にはとくに注意しておく必要があります。借り入れの審査の際、所得欄に一番高い所得のみを書かれる方が多いですがすべての所得を申告しておくほうがよいです。年金受給者の方は年金と給与を合わせた額を記載し、複数の会社からの所得がある場合も合わせた所得を申告することをおすすめします。

所得が大きけば借入限度額が余裕があるだけではなくお得なことも多いようです。借入限度額に応じて貸出金利を下げる消費者金融が増えています。貸出金利は借り入れを行った際に金利計算が行われますが、借入限度額が高い場合は借入額とは関係なく金利を下げているサービスが増えています。

各種ローンサービスは日々改良が行われており、これまで審査で不利とされてきたことが改善されてきています。改善点としては、固定電話の登録が必要なくなった以外に収入の審査が年収による審査になったり、職業による制限がなくなったことも改善点として好評です

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2021 【生活支援!】人気の消費者金融徹底比較サイトはココっ! All Rights Reserved.