消費者金融の審査に落ちたら破産しかない

キャッシングベスト3

後が無くなってしまった。少し前に銀行のローンに申込んでみたが全部断られた。ダメだというのは分かっていたんだ。それでも金利が安いということで銀行に頼むのが先だと考えて手当たり次第に申し込んでみたがやっぱり駄目だった。たかだか10万の融資でさえ通らなかった。

理由は分かっている。自動車ローンと住宅ローンを抱えてて、おまけにこの3か月ほどは滞納している。それに家賃も2ヶ月ほど滞納してて催促が何度も来ている。原因は会社を辞めたことだがこれは後悔はしていない。

安い給料でこき使われて上司にはパワハラを受けて、どうにも耐えられず辞表を叩きつけた。そこまでは良かった。実に気持ちが良くてスッとした。しかしその後は同じ業界の仕事に付けず、失業保険も切れても仕事がなくどうしようもなくなった。

担保として入れている家も競売にかけるとまで言われてしまい住む場所もなくなる可能性が出てきている。残すは消費者金融しかないのだが、ここで落ちたら破産するしか手がないのではないかと考えている。でも念願のマイホームを手放したくない。どうにか消費者金融から借り入れを行いたいのだが通るだろうか。何か手はないだろうか。知恵を貸して欲しい。

ヤミ金以外で無職に貸す業者はないと思う

「あっそう。ご愁傷様」とか言って鼻で笑ってやりたいほどおめでたいお人だね。「安い給料でこき使われた」ってそれはあんただけじゃないと思うんだよ。あんたの元同僚も同じなんでしょ?同じ環境で働いてたんならそうだよね。そこから逃げ出して、結局これかよとしか思えないんだけど。それに働きながらでもできることはあったはずだし。労働基準監督署に申し出ることもできたはず。って、これは今さらか。

というかさ、アルバイトでもすればいいんじゃないの?どこに住んでいるのか知らないけど、仕事はあるはずだし。コンビニでも良いし引越しのバイトでも良い。力仕事でもなんでもしてとにかく月々の支払いをしながら仕事を探すということもできたはずだけどさ、そのあたりはどうなの?
(⇒消費者金融を利用しやすい職業とは))

だってさ無職で金を貸せって言われても返済能力がないのにどうするのって感じだしさ。そりゃあんた、どこも貸さないわ。借金の滞納があるなしに係わらず貸さないって。消費者金融でも同じだわ。絶対貸してくんないね。過剰貸し付けになるから総量規制にも引っ掛かるし、あんたはお金がないって騒いでるだけで何もしてないんだもんね。答えている僕だってどう答えたらいいのか困っちゃう。

働く気がないのなら大人しく家を手放して競売にかけられちゃいなよ。破産がイヤなら家を出て賃貸として貸し出すとかもありかもね。時間がなさそうだから賃貸で貸すのは無理か。

可能性があるとしたら地元の消費者金融くらいかな?ブラックにも対応している消費者金融ならあるいは事情を考慮してくれるかもしれない、というのは甘い考えかもしれない。それでもヤミ金以外ではそれしか可能性はないだろうね。精々頑張って足を運んでみたら?でもそういうところって審査に時間がかかるから間に合えばいいけど…とにかく頑張ってみてよ。

グッドラック!

【参考ページはこちら】
消費者金融で借りたいけど本当に大丈夫?

消費者金融の審査落ちたら信用情報と経済力を整理する

消費者金融の審査は銀行などに比べるとかなり審査が緩いとされており、銀行の審査に通らなかった場合やすぐに借りたい場合には消費者金融が選ばれます。その為、消費者金融の審査に落ちることはほとんどありません。しかし、消費者金融の審査に落ちてしまうときがあります。充分な年収や勤続年数があるのになぜ審査に落ちたのかわからない為に、他の金融機関に申込むのを躊躇してしまいます。

こういった場合は経済力ではなく信用情報に問題があることがほとんどです。まず、滞納を一度でもしている場合は審査に通過出来ないことが多いです。これは、お金を貸すという行為には信用が一番大切であることを表しており、お金を借りておいて返済期日を守れないような人物にはお金は貸さないという考えが原因です。

実際に滞納をする人物はいずれ返済を渋るようになり、消費者金融にとって損失になります。必ず滞納はせずに公共料金の支払いも滞りなく行うことが大切です。また、債務整理を過去にしている場合は10年間は借入が出来ません。そういった記録が抹消されるまで我慢してやりくりをすることが大切です。

審査落ちたらこれからどうやってお金を借りようかを考えてしまいますが、借金が出来るだけの年収があれば節約さえしっかり出来れば借金をしなくても生活は出来ます。しかし、審査に落ちるということは信用できない人物という烙印を押された気持ちになって落ち込んでしまうこともあります。

信用情報にも問題が無い場合は借入額と年収の関係が問題である可能性が高いです。まず、自分が計算した現在の借入額は正確な数字なのかを調べます。車の免許を取る為に教習所に通うときにかかるお金をローンで支払っていたり、車をローンで支払っている場合はしっかりと正確な数字を算出して計算することが大切です。

年収の3分の1に近い金額であれば法律によって借入が出来ない可能性が高いです。その場合はローンを返済してから申し込めば通過出来ます。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2021 【生活支援!】人気の消費者金融徹底比較サイトはココっ! All Rights Reserved.