消費者金融の利用は必ず悪循環を生むか?

キャッシングベスト3

利用していて悪循環に陥ってしまうからやめておいたほうがいいと、どうしても悪いイメージが付いてしまっているのが消費者金融ですよね。私も出来るだけ悪いイメージを持たないようにと思ってしまうんですが、多重債務の悪循環のパターンとかを聞いている分、どうしても悪いイメージは離れません。

こういう悪いパターンにはまっていないという人はやっぱり消費者金融の利用者では少数派ということなんでしょうか。少数派であれば、消費者金融は運が良くないと悪循環に陥ってしまうのでしょうか。

悪循環に陥るような消費者金融の使い方をしなければいい

これはかなりの人が思っていることだと思います。おそらく「消費者金融を利用している人のほとんどがダメになってしまうのだ、だから利用するべきではない」と思っているかもしれません。多くの人がそう思っているのはある意味で雰囲気に流されているのですが、実際には悪循環にならないような使い方をしたら十分に安全な利用が消費者金融ではできるのです。いわゆる計画的な利用というものですね。

最初に考えておいたほうがいいのは悪循環に陥る消費者金融というのはなぜあるのか、ということです。つまり悪循環に陥る人は消費者金融で一体何をしているのかですが、これは借入を幅広くいろいろな業者から行っている人に起こりうることなのです。ダメになっていく人たちの多くは借入をした返済を次の借入で返済しようとするのです。こうしていくと基本的に借入が減ることはありません。

借入を借入で返済していくとどこかで枠というのが詰まってしまいます。上限に達してしまえば借入はできなくなるわけで、そうなると上限に達してしまった人は借入をできなくなって、自己破産をするかヤミ金などからお金を借りたりするわけです。こうなるともう悪循環も最終局面になるということで、結果的に借入を返済できないレベルになってしまい、かなり悪いパターンにはまっています。

このような借入を借入で返済しなければならない、そんな状況から抜け出すことが重要なのです。なってしまった人は抜け出し、まだなっていない人は借入を借入で返済しなくてもいいようにすること、これで悪循環になることはありません。つまり自分の稼いでいる収入の範囲内で返済していける程度の借入であれば、消費者金融では悪循環に陥ることはないのです。

悪循環に陥るのは消費者金融を使えば誰もが起こることだ、というのはそれは違います。利用の仕方によっては、ちゃんと借入の計画性によってはそういうことは起こりえないのです。

【参考ページはこちら】
消費者金融の不安はここで解消!

消費者金融で悪循環と呼ばれる状態にならない為には

消費者金融のキャッシングやカードローンでお金を借り始めると、どれだけ真面目に頑張って働いても、返済に追われ、疲れてしまうという悪循環に陥るというイメージを持つ人も多いでしょう。確かに、使い方を間違えると、毎月来る返済日に頭を悩ませる状態になってしまうという事は珍しくありません。

ですが、それは無計画にお金を借りた場合の話です。キャッシングやカードローンというのは、必要な時にすぐにお金を借りる事ができます。その為、それまでお金がなければ諦めれば良いと考える事が出来た事も、諦めたり我慢する必要がなくなり、その状態が快感となってしまえば、無計画に使い始めてしまうという事が珍しくありません。

しかも借入を始めると、毎月1万円など定額の返済が開始される事になります。その為、毎月しっかり返済をしているんだから、1回1万円から2万円程度の少額の借り入れであれば、問題がないと考えてしまい、軽い気持ちで使ってしまう事が多くあります。

ですが、1万円ずつ引き落とされていても、元金が1万円ずつ減っていっている訳ではなく、最初は元金は5千円程度、残りは利息分となります。5千円しか元金が減っていない状態で1万円を借りると、借金は15,000円に増え、翌月以降も1万円ずつ借りると、徐々に元金が大きく膨らみ、それに伴い支払う利息も増えていく事になります。

この状態に早めに気づけば、まずは完済を目指すなど、対策を行う事が出来ますが、気づかず借入を続けると、手に負えない状態になってしまうという事が珍しくありません。ですから、キャッシングやカードローンの利用を始めたら、常に借入残高などを確認しておく事が大切です。

現在の状況を把握した状態で、計画的な利用を心がけ、常に完済を視野に入れておく事で、悪循環を起こさず、便利にお金を借りる事ができるようになります。消費者金融を利用する際は、借り過ぎていないか等、冷静に確認しておく事が大切です。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2021 【生活支援!】人気の消費者金融徹底比較サイトはココっ! All Rights Reserved.