Q.総量規制を超える借入れはできないようになったと記憶しています。総量規制の概要は理解しています。貸金業法のもとに経営している金融業者から借り入れることができる金額は、契約者の年収の3分の1を超えることはできないというものです。では、消費者金融の中に、この総量規制を超えても借入ができるものは存在していないんですか?私は、既にこの総量規制の定められている金額の限界まで借入をしている状態で困っています。誰か教えてください。

A.まず、総量規制いっぱいまで借りているという現状を何とかするべきです。何のために総量規制が存在するかを考えた場合、利用者が過度の借金をしないようにするという目的があるのですから、総量規制を超えて借入する方法を探すのではなく、その前に、今ある借金を減らすことを考えてください。どうしても、総量規制を無視して借りたいのであれば、銀行から借入をすることです総量規制が適応されるのは貸金業法に従って経営している企業、つまり消費者金融なので、銀行は貸金業法対象外になります。それ以外にも、カード会社によっては、総量規制の影響を受けない企業もあります。

消費者金融で総量規制の対象外とアピールしている企業は、注意したほうがいいです。中には、そう言って利用者を集めるヤミ金の手法もあります。総量規制を超えた借り入れは、銀行でも難しいのでそのような利用者を集めるヤミ金がここ数年で、増えてきたのです。

総量規制を超えても借りれるってホント?それってどんなローン?

総量規制が導入された結果、以前は借りれたのに十分なお金を借りれなくなってしまいました。そこで銀行で申込んだんですが、審査に落ちちゃってダメ。

でも、総量規制には例外もあると聞いています。どんなローンが総量規制の例外になるのか教えてください。

不動産担保ローンやおまとめローンなどは総量規制対象外です

総量規制は年収の三分の一までしか借りれないという厳しい規制よね。数字によって線引きがされてしまうので、こればっかりはどうしようもないの。でも銀行の借入については規制の対象外だから、消費者金融やクレジットカードで借りれなくなった人の中には、カードローンを申込んで利用している人もいるのよ。

ただし、銀行だって総量規制については一定考慮しているのよ。ただあらゆる年収の人について一律に三分の一までという線引きをしていないだけだから、場合によっては総量規制以下でもお金を貸さないことだってあるし、それ以上でも貸せると判断することもあるの。銀行のカードローンが借りれない場合、やっぱり消費者金融で何とかしなくてはならないわ。そんな場合にも、いくつか例外があるのでそれを利用するという手もあるのよ。

そのひとつが不動産担保のローン。消費者金融では扱っているところは少ないけど、これならば総量規制対象外だから、これで借換えることによって新たな借入が可能になるわ。ただし、不動産を担保に入れると、返済ができなくなった時点でそれを手放すことになるってことだけは、念頭に置いておかないとダメよ。

また、個人事業主用のローンも総量規制の例外扱いよ。お店をしている人など、これまでカードローンの枠で借りていた場合も、個人事業主用ローンに乗り換えることで借入額が復活することが可能なの。商売をしている人にとっては、総量規制が足かせになってしまうことも多いはず。このような事業主専用のローンを利用すれば、随分楽になるんじゃないかしら。

また、おまとめや借換えローンも例外よ。総量規制近くまで借入をしている人も、おまとめ目的ならばそれ以上の借入ができるので、安心して審査を受けることができるわね。おまとめをすることで返済が進んで利用可能額の復活も期待できるので、総量規制に対してはかなり有効に働くのがこのおまとめローンよ。

これ以外にも、緊急時の貸付が例外として認められる場合もあるので、困った時には一度相談してみることが大切よ。消費者金融はこのような相談も受け付けているので、積極的に相談窓口を利用することをお勧めするわ。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2021 【生活支援!】人気の消費者金融徹底比較サイトはココっ! All Rights Reserved.