70歳以上の年金受給者でも借りられるか

キャッシングベスト3

消費者金融についての質問なのですが70歳以上の人でも借り入れってできますか?私の母がお金で苦労しております。私も母を助けたいのは山々なのですが私には4人の子供がおり、2人が私立の大学、下の2人も私立の高校に通っており食べるだけで精一杯です。

言い訳になりますが私は公立高の出身で国立大を出ています。その関係から高校はどこでも良いと考えていたのですが妻の家族は何と言いますかいわゆるエリート一家で、一流の学校に行かせるというのが習わしだったようなのです。

子供が小さいときは離婚間際まで揉めましたが、私が折れる形で私立に通わせることになりました。そのせいで本当に家計は大変なのです。後悔しても今さらどうしようもありませんがあのときに折れたことを後悔しております。

そのような背景があり、お金がない中をやりくりしている状態ですから母に貸せるだけのお金がありません。妻側の両親にも援助を頼んでみようと思ったのですが、子供の教育のことで妻と私の母は不仲で、妻側の両親とも疎遠と言っても良い状態です。

母は70歳を超えており年金を貰って生活をしていますが消費者金融から借り入れはできるでしょうか。

年齢の上限は69歳で年金生活では借り入れるのは難しいでしょう

夫婦なんて所詮は赤の他人ですよね。特に子供のこととなると喧嘩をします。私も子供の教育のことで夫と良く喧嘩をしました。今でこそ好きにやっていますが、はじめはイライラしていたことを覚えております。旦那が子供の教育に無関心なのが困るというママ友もいましたが逆もしかりです。世の中の旦那さま方はどっちにしても大変ですね。

さて消費者金融に関してなのですが残念ながら基本的に申し込みができる年齢というものを定めています。大体が下は20歳、上は69歳となっています。しかも障害はそれだけではありません。収入が年金だけのときは年齢をクリアしても貸さないという消費者金融は多くあります。特に大手はそうですね。

ですからお母様がお借り入れを行うのは難しいと思います。小さな消費者金融でも貸してくれるかは微妙なところだと思います。やはり高齢と言うこともあり貸す側も慎重になるのでしょう。それは仕方がないことかもしれません。

そこで方法としては年金を担保としてお金を融資してくれる福祉医療機構のご利用を検討してみてはいかがでしょうか。年金を担保にお金を貸してくれる国内で唯一の貸付業者です。利率も極めて低いため負担も少なく、しかも高齢者を相手に行っている法人ですから安心して相談することができます。

もし消費者金融でなければならないということでした質問主様が連帯保証人となるということで相談をしてみてはいかがでしょうか。いくらほど借り入れたいのかが分からないため、これ以上は言えませんが消費者金融でなくとも良いということであれば、福祉医療機構の活用も視野に入れて検討してみて下さい。

【参考ページはこちら】
年金暮らしをしながら消費者金融を使う方法

70歳以上の年金受給者でも消費者金融を利用できるか

消費者金融は年金受給者であっても借り入れを行うことができますが、ほとんどの金融機関では20歳から65歳~69歳までに年齢を制限しており、70歳以上で借り入れ可能な消費者金融は存在しません。貸し付けしたお金を回収できないことを貸し倒れといい、70歳以上の場合は高齢であることから病気の確立が格段に増えてしまい、貸し倒れの可能性が非常に高くなってしまうことから貸し出しをしていません。

70歳以上でどうしても借り入れしたい場合には独立行政法人である福祉医療機構の利用をお勧めします。尚、ごく稀にヤミ金と呼ばれる金融機関では年金証書などを担保に貸付を行っている場合がありますが、貸金業法に違反している悪徳業者なので絶対に利用してはいけません。法律上年金を担保に融資を受けられるのは福祉医療機構のみです。多くの場合銀行系のキャッシングでは65歳以下に制限しているところが多く、消費者金融の場合65~69歳までに設定している場合多いです。

また、70歳未満であっても収入が年金受給のみの場合には借り入れできる金融機関が少なく、安定した収入と認められない場合も多々あります。銀行系の場合金利設定が安いところが多いものの、審査が大変厳しく、しかも審査結果が判明するまでに時間がかかるのでより審査の優しい貸金業者を選択することがお勧めです。

もちろん高齢者であってもアルバイトやパートをしている場合、もしくは定年であっても働き続けている場合においては審査に通る確立が極端にあがり、年齢制限にさえ引っかからなければ多くの場合銀行系のカードローンでも問題なく利用することができます。

無論安定した収入があって高齢者であっても信用は問われます。具体的には信用情報機関の事故情報、俗に言うブラックリストに登録されていないことが大切です。ブラックリストに記録される理由にもよりますが若い頃にブラックリストに登録されていた人であっても基本的に数年経てばブラックリストの記録は抹消されています。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2021 【生活支援!】人気の消費者金融徹底比較サイトはココっ! All Rights Reserved.