今消費者金融の審査が厳しいのか知りたい

キャッシングベスト3

消費者金融の借入審査に落ちてしまいました。落ち込む私を見かねたのか、友人がお金を貸すと申し出てくれました。しかしこういうことで頼るのもしのびないです。なので、やはり消費者金融から借入をしたいと思っています。でもまた落ちたら…と思うと気が滅入ります。友人は「今審査が厳しくなってるんじゃない?だから落ち込むな」と慰めてくれるのですが、実際今の審査は厳しくなっているのでしょうか?

自分自身の中に審査を厳しくしている要因があるかも!

消費者金融においても、大手はわりと厳しいと言われていますね。逆に中小消費者金融は優しくなっています。こういった会社の規模による大きな違いはありますが、審査の基準というのは消費者金融によって微妙に異なってきます。(こちらもご参考に→消費者金融の審査基準とは)だから今全体的に審査が厳しくなっているとは一概には言えないでしょう。しかし厳しいと感じるようなら、それはあなたに原因があると考えられますよ。

たとえば、審査を申し込んだ際に自分の収入にあった借入額を申請したでしょうか?消費者金融から借入額は年収の3分の1までが限度となっています。これを超える金額を借りたいと申請していたなら、おそらくそのせいで審査に落とされたのだと思います。

または、その3分の1の金額を初めから借りようとしていなかったでしょうか?最初から限度額いっぱいまで借りられることって実はあまりありません。初回は本来の限度額よりも少なめに設定されているのです。

なぜなら、あなたがちゃんと返済をしてくれる保証がまだないからです。しかしこの限度額は後々上げることも可能です。そのためには消費者金融で継続的に借入を行う必要があります。今度また審査の申請をする際は、初回利用時の借入金額を下げて申し込んでみてください。借入額があなたの収入と見合っていると判断されれば、消費者金融は融資をしてくれるようになります。

あるいは、あなたが以前何らかの料金の支払いに遅れたことがある場合、それが審査に落とされた要因になっているおそれがあります。何らかとは、たとえば身近な物で言えばクレジットカードや携帯電話ですね。消費者金融とは関係ないのではないか、と思われるかもしれません。

しかし、実はこういった情報が消費者金融から借入をする際には悪い影響を与えてしまうこともあるのです。過去に支払いの遅延をしていた場合、それが信用情報機関という所で事故情報として保存されています。

借入を申請した時に消費者金融側へその記録が渡り、審査の際に資料として使われます。申込者が以前遅延していたことがわかると、消費者金融側も融資を渋ります。誰だって返してくれないと思う人にはお金を貸したくないですよね。数回ならまだ許容範囲と見なされる可能性もありますが、件数が多いとなると審査ですぐに融資不可と見なされ、借入をすることができなくなってしまいます。このように、お金の貸し借りは結構デリケートになっているのです。

これまでで何か心に引っかかる部分があったなら、それがあなたの中に審査を厳しくしている要因があるということです。審査に落ちてしまう場合は、改善できる所はきちんと直していくことで、自分から借入をしやすい状況を作ることが重要になってきます。

ちなみに事故情報として記録されるのは消費者金融を利用した場合も同様です。支払いが遅れがちになるとブラックという状況になり、別の消費者金融からの借入が難しくなるおそれが出てきます。ですから無事借入をすることができても、遅延だけはしないように日頃から心がけるようにしてください。

【参考ページはこちら】
消費者金融で必ず借りられる金額はいくら?

「消費者金融は今厳しい」。その理由って何?

消費者金融は現代の日本で多くの人が利用している事業になりました。

利用者は日々、必要な金額を借り入れ、期日までに利息をつけて返済するというような形で利用を行っています。

大手と呼ばれるような企業は毎年顧客数を増やしつつありますが、そうした状況であっても常に「消費者金融は今厳しい」ということが言われているというのもまた事実です。

では、どうして「消費者金融は今厳しい」といわれるようになってしまったのでしょうか。(こちらもご参考に→審査に通るのが難しい消費者金融があるのはなぜ?

これは何よりも「貸金業法」と呼ばれる法律の改正が背景にあるといえます。

貸金業法とは「貸金業」、つまり消費者金融をはじめとした「お金を貸すことによって利益を得ている業者」の営業を規制する法律のことです。

この法律があることによって、それぞれの消費者の権利は守られ、違法性の高い営業などは禁止されるということになっているのです。

しかしこの貸金業法が改正された際、「総量規制」と呼ばれる制限が加えられることとなりました。

この総量規制においては「消費者向けの貸付はその消費者の年収の1/3までとする」という文言があり、消費者金融が顧客に対して貸し付けることができる金額はそれまでよりも大きく落ち込んでしまうこととなったのです。

加えて総量規制によって「年収がゼロ円の人」に対する貸付は完全にできなくなってしまいました。

これによって専業主婦などに対する貸付は不能となり、大きく顧客を失うことにつながったのです。

また、これまで貸金業法と出資法の二つの法律の間に存在していた「上限金利」のギャップ、グレーゾーン金利と呼ばれるものも改正によって廃止されてしまい、消費者金融はこれまでよりも格段に引くい利率での貸付をせざるを得なくなったのです。

もちろん、それまでのグレーゾーン金利は適法と言うべきかどうかが非常に「怪しい」利率だったわけですから、現在の状況は本来あるべき状況だったということには変わりがありません。

しかし消費者金融にとってみればグレーゾーン金利がなくなったことによって請求できる利息は少なくなり、これまでグレーゾーン金利で貸付をしていた顧客に対しては過払い金請求に応じる必要も出てきています。

こうした事情があることから「消費者金融は今厳しい」といわれるようになってしまっているのです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2021 【生活支援!】人気の消費者金融徹底比較サイトはココっ! All Rights Reserved.