消費者金融審査。職業で通りやすさに違いは

キャッシングベスト3

僕の友達ですが、居酒屋で仕事をしている人は消費者金融では審査に通らないかもしれないと嘆いていました。職業に貴賤無しと言うのに、職業によって審査に通りやすいとかあるものなのでしょうか。

消費者金融でも職業ではなく収入の安定度が問題になりえます

消費者金融の申込み条件を大手の消費者金融業者から代表例を引用してみましょう。「満20歳以上の定期的な収入と返済能力を有する方で、当社基準を満たす方」という記述が貸付対象者として表示されています。キャッシングを行う際に業者が問題にする事はここに集約されているといって良いでしょう。それは年齢条件、収入条件と安定度なのです。

たまたま高収入があったということが、返済能力があるということを意味しないことは誰の目にも明らかです。収入が定期的にあるということがむしろ、返済能力を有するという条件に大きく関与すると考えられるのはこのためです。つまり月ごとの収入があまり上下するようであれば、返済に支障をきたす危険性があると考えられるといえるのではないでしょうか。

ある職業では完全歩合制で給与が支払われたり、別の職業では完全固定給ということになっているとしましょう。この場合、完全歩合制の給与の方が年間を通じて高収入になる可能性が高いかも知れません。しかし、毎月の支払をしていくキャッシング利用では、年収の高い低いよりも毎月の収入が安定している方が望ましいということができます。

つまり職業によって審査に通りやすさに違いがあるというよりはですから、毎月の収入がどれくらい安定しているかということが関心の対象なのです。ですから年商数億という自営業者であっても、毎月定期的なサラリーを得ている会社員の方が返済能力が高いと判断されることは珍しくありません。また一般の会社員よりも公務員の方が定期的であるという意味では有利だと看做されます。

このことは職業で収入の安定度が違うことが想定されている現実を示唆しています。つまり職業によって大体毎月の収入の安定度が決まるということです。自営業は最も安定度が低いと言えますし、それに派遣業が続くかも知れません。派遣業は翌月契約解除などということもあり得るからです。(こちらもご参考に→派遣でも借りられる消費者金融)そして一般の会社員。かつては安定度がありましたが、現在はそれほどの安定度を見てもらえないようです。そして最後が公務員だと言われるのです。

しかし、消費者金融のキャッシングサービスを復習確認すると少し違ったことが見えてきます。消費者金融業はそもそも個人向けの無担保・無保証人による少額キャッシングが基本でした。そのために金利も高めに設定されているわけです。つまり少額を低い金利で短期間のキャッシングになってしまうと全く収益が見込めなくなってしまうのです。

少額キャッシングという条件化で安定した収入を再評価することが必要です。つまり収入の安定度ということが大きな問題になるのは、高額のキャッシング・ローンの場合だからです。代表的な高額ローンは住宅ローンでしょう。これが例えば1?2年で完済することは考えられません。つまり高額ローンは返済が長期間に渡るのが普通であるため収入の安定度は大きな問題になるわけです。

それに対して少額のキャッシングに限ってみれば、住宅ローンのような高額ローンほどの安定度は必要ないと言えるかも知れません。確かにその通りであって、消費者金融業者でのキャッシング・ローンでは職業の違いはあまり問題になりません。ですから、消費者金融業者でのキャッシングを申込む場合は、できるだけ少額のキャッシングを申込むことが審査に通るコツであり、できるだけ短期間に返済するようにする方が得なのです。

【参考ページはこちら】
消費者金融なら水商売でも借りられる?

プロミスなどは職業形態に関係なく融資可能な消費者金融です

多くの人が利用している手軽に資金調達の方法に、消費者金融のキャッシングサービスがあります。

大手の金融業者の場合では知名度も高いですので、利用した経験のある人も多いのではないでしょうか。

現在の消費者金融業者が行っているキャッシングサービスでは、職業の形態に関係なく様々な人に対して融資を行っているものが増えています。

職業形態が問われないことによって、正規社員ではない人にとっても利用しやすいサービスになっています。(こちらもご参考に→派遣の場合は消費者金融の審査が厳しい?

職業形態に関係なく積極的に融資を行っている金融業者にアコムがあります。アコムのキャッシングは年齢条件をクリアしている人で、安定した収入を得ている人であれば審査を通過することができます。

定期的に収入を得ている人が借り入れできる条件になっていますので、アルバイトやパート、派遣社員などの職種の人であっても融資を受けることができます。

初回の融資金額では50万円以下の少額融資になることが多いですので、運転免許証があれば収入証明書については提出が義務付けられていません。

少額融資を希望した際に、収入証明書を提出しなくても借り入れができますので、融資の受けやすさも人気の秘訣になっていると言えるでしょう。

職業形態に関わらず融資を受けることができる大手消費者金融には、プロミスもおすすめになります。

プロミスのキャッシングでは、主婦や学生、自営業者などの人も融資を受けることができます。

インターネット上から申し込みをすることで、店舗や自動契約機が近所にない人であっても、いつでも申し込みを行って借り入れの契約をすることができるので、便利に利用できるキャッシングになっています。

アコムやプロミスでは継続的に利用していくことによって、支払い期限を守ると消費者金融業者からの信頼度が上がって行きますので、利用できる限度額を引き上げることが可能になります。

増額の申請をしたいときにはインターネット上から行うことが可能で、審査を通過することで限度額を引き上げることができます。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2021 【生活支援!】人気の消費者金融徹底比較サイトはココっ! All Rights Reserved.