消費者金融利用経験ブラック者のローン

キャッシングベスト3

ブラックでも借りられる消費者金融というものをよく見かけます。お恥ずかしながら私もかつては多重債務者であり、数年前に破産しました。

元々は父親の介護費用として借り入れていたのですが、その内に私個人の遊興費となり関係のない借金として増えていきました。介護疲れもあり自棄になった時期があったのも事実です。その父親も亡くなり、残ったのは借金のみでした。結局、払いきれなくなり破産へと至りました。

その後、破産の申し立てをし、免責がおりてからは反省して真面目に働いていたのですが少しだけお金が必要となりました。「性懲りもなく」と怒られそうですが消費者金融からお金を借りようと考えています。そこで色々と調べて、ブラックでも借りられる消費者金融という存在を知りました。

かつて消費者金融利用経験があって、さらにブラックである私でも本当にローンは組めるのでしょうか。同じように金融ブラックで消費者金融から借り入れを行った方がいましたらどうか教えて下さい。

破産してブラックとなっても借り入れ可能な消費者金融はある

俺も同じような経緯で借金をし、破産したことがある。もう10年以上前になるがあのときは自分が情けなくて心底落ち込んだものだ。きっとあなたも同じようにショックを受けたのではないかと思う。

まだ総量規制なるものがなかった時期の話しだ。きっとあなたも同じではないだろうか。かつては多重債務者は大勢いた。今でも払い続けている債務者も多くいるだろう。その中には破産が許されなかった者もいるのかもしれない。

そういう意味では俺たちは恵まれていると思う。俺たちは破産できただけラッキーだったのだ。そのことは忘れないようにしなければならないだろう。

前置きはこれくらいにして、質問の件だがブラックでも借り入れ可能な消費者金融はある。大手は無理だが地域密着型の消費者金融が典型だ。是非とも地元の消費者金融へと足を運んでみて欲しい。

ただしその中にはヤミ金まがいの金融業者も存在している。各都道府県に登録してある業者であっても例外ではない。金融庁のホームページでは悪徳業者に注意しろと警告していることがある。申し込む前に金融庁のホームページで登録業者であるか確認し、悪徳業者でないかを調べてから申し込んだほうが良い。

こういった注意点はあるが小さな消費者金融では小口融資としてブラックに対応しているところが多々ある。消費者金融も生き残りで必死だから俺たちのようなブラックを相手にしなければ生き残れないのだろう。つまるところ大手と中小消費者金融の住み分けといったところか。しかも俺たちブラックにとってもお得な話しだ。それぞれにウィンウィンの関係といっても良いだろう。

ただ申し込み時の注意点としては先に言った登録業者であるかという点とは別に、多少時間がかかるということだ。身分証だけではなく収入証明書類も必要だったりする。ブラックに貸す以上、審査は厳しくなるのは当然だな。俺は2週間ほどで借り入れOKの返事が来た。

審査に時間がかかるという点さえ納得できるなら申し込んでみると良い。俺は一度借りて全部返し終えたが、次に借りるつもりはない。クレジットカードも持たないようにしている。借金の怖さは誰よりも理解しているつもりだからな。あなたも再び借金地獄に落ちないように注意してくれ。

【参考ページはこちら】
闇金やブラック対応の消費者金融は紙一重?

消費者金融利用経験を持つ人とブラックの状態について

消費者金融利用経験を持つ人は多いと言います。消費者金融は貸金業法が改正された以降は、審査が比較的緩く、従来と比較すると金利が低くなっている事からも利用する人が増えていると言います。

また、消費者金融利用経験を持つ人が増えた理由に、来店不要や即日融資と言った事も理由としてあげられるのです。消費者金融を利用してキャッシングを行う事は決して悪い事ではないのですが、消費者金融を利用してお金を借りる行為が良く無いイメージが定着しているからなのです。

消費者金融でお金を借りた場合、返済が出来なくなった時など、無理な取り立てを受けるのではないかと言ったイメージを持つ人も多く、世間体を気にする人も少なく有りません。

しかしながら、貸金業法が改正されたことで金利が低くなり、借りやすい金融業者として消費者金融利用経験を持つ人も増えていますし、テレビコマーシャルなどでも知名度を高めている大手の会社などでは利用者の数が増えていると言った特徴も有るのです。

所で、消費者金融は審査が比較的緩いと言いますが、審査が緩いのは特別な問題が無い場合であり、問題を抱えている場合は審査に通らないか、もしくは通り難くなるのが特徴でもあるのです。

一般的に、ブラックリストに掲載されている状態では、審査に緩いとされる消費者金融でも審査に通ることは無いのです。ブラックリストは、リストが有るのではなく、延滞や自己破産と言った金融の中での事故を意味にしています。

ブラックの状態と呼ばれたり、金融ブラックと呼ばれるなど、様々な呼び方があるのですが、これら個人信用情報内に、延滞の記録や自己破産の記録が明記されている状態なのです。
(⇒ブラックでも融資してくれるところはある?

延滞は返済を数か月もの間行わなかった状態であり、自己破産は破産を行う条件として返済能力が無いと判断された場合であり、何れのケースでも審査の時点で落とされてしまうのです。

尚、ブラックリストと言うのは生涯そのままの状態になるのではありません。
一定の期間が過ぎる事で情報は消滅しますので、その時は審査を受ける事でキャッシングの利用が出来るようになるのです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2021 【生活支援!】人気の消費者金融徹底比較サイトはココっ! All Rights Reserved.