学生証だけでは消費者金融を利用できない

キャッシングベスト3

都内の私立大学文学部に通う21歳の女子大生です。学生なので消費者金融でお金は借りられないと思っていました…。

でも学校の友だちの話だと「学生証があれば消費者金融でお金を借りられる…」っていうことなんですけど…これって本当の事なんでしょうか?

もし、本当ならちょっと買いたいものがあるので消費者金融を利用してみたいと考えています。よろしくお願いします。

学生証だけで消費者金融は利用できません

結論から先に言えば、学生証だけで利用できる消費者金融は無いと思いますよ。また、20歳未満の大学生や専門学校生は一般のカードローンは利用できません。なぜなら法律で未成年への融資は禁止されているからです。

一方で未成年でも大学生や専門学校生なら消費者金融の「学生ローン」を利用してお金を借りられます。ただし、高校生はNGです。また、単に大学生や専門学校生であるとの理由だけでは「学生ローン」は利用できません。

消費者金融の「学生ローン」を利用するには、アルバイトやパートで働いており継続した一定の安定収入のあることが条件になるのです。収入の無い大学生や専門学校生は無職無収入と見做され、消費者金融では無職無収入の人には絶対にお金を融資してくれません。

また、収入のある大学生や専門学校生であっても未成年者の場合では、消費者金融によって親権者の同意が必要になるケースもあります。さらに言えば、満20歳以上の学生で、安定収入があれば学生ローンの他に一般のカードローンに申し込むことも可能です。

一般カードローンの場合は、学生でも一般利用者と同じ審査基準で審査されます。しかし、「学生ローン」では融資が5万円~10万円くらいに比して、一般向けカードローンであれば年収の3分の1までの借り入れは可能となりますよ。

さて、「学生ローン」の利用に際して提出しなければならない書類としては、本人確認ができる身分証明書が必要となります。学生証はある意味で「学生である」との身分を証明するものですが、学生証には住所や本籍地等は記載されていません。

それゆえ、消費者金融が要求する本人確認の書類としては不十分なのです。そのことから学生ローンでは、本人確認の書類として運転免許証や健康保険証、あるいはパスポート等の提出を要求するのです。

そのような身分証明書を提出した上で、さらに学生証を提出すると金利優遇してくれる学生ローンも中にはありますよ。昨今の大学生や専門学校生で運転免許証を持っていない人は少ないと思われますが、女子大生の場合は持っていない人も多いかもしれませんね。

そのような場合は、身分証明書として住民票を提出する方法があります。住民票は身分証明書として利用できるのです。両親と同居している方なら簡単に住民票を取得できます。

また、親元から離れて一人暮らししている方なら、早めに住民票を移しておくことを勧めます。そして、住民票が提出できればたいていの消費者金融の学生ローンは利用できると思います。

また、消費者金融によっては現住所が確認できればOKとしてくれることで、公共料金等の領収書を学生証と一緒に提出すれば利用可能となる場合もあります。

【参考ページはこちら】
学生向けの消費者金融ってあるの?

学生証で借りられる消費者金融ローンについて

消費者金融の各種ローンは学生でも利用できるようになってきています。消費者金融のローンといえば現金を借りるキャッシングサービスが主なサービスですが、一部、教育ローンや物販ローンも始まってきています。消費者金融や金融機関がサービスしている各種ローンでは学生含め、月収である程度ない職業の方は利用できないことが多かったのですが、現在ではローン審査において職業や年齢による審査はなくなりつつあります。
(⇒学生は大手消費者金融で借りられない?

そのため、これまで審査で厳しいと言われていたアルバイト・パートや学生でも利用できるようになってきています。また、年齢による制限もなくなってきているので未成年や年金受給者のような年配の方にも広く利用されるようになっています。

学生で消費者金融のローンやキャッシングサービスを利用する際にはいくつか注意しておくと良いことがあります。一つ目は身分証明書についてです。ローンの審査では身分証明書が重要ですが、学生の場合は学生証が利用できます。一般的には免許証やパスポートを要求されることが多いですが、写真入りの学生証であれば身分証明書として十分利用できるようです。

2つ目は所得証明についてです。学生の場合はアルバイトでの所得が多いと思いますが、所得を証明する方法がわからないという方が多いです。学生の所得を証明する方法としてお勧めなのが所得証明書を取得することです。

アルバイト・パートによる所得がある程度ある場合は源泉徴収されていることが多く、また、確定申告をしている場合も含めて、所得証明を市町村で行ってくれます。所得証明書の取得は前年の所得を証明するものですので消費者金融などのローン審査でも利用できます。

源泉徴収されていない、もしくは確定申告をしていない場合は給与明細などを数カ月分用意することで対応することが出来る場合もありますが、一般的には市町村の所得証明書が重要になります。学生ではローンが組めないと言われてきていますが、所得によっては利用できるようになってきているのでライフスタイルに合わせて賢く利用したいものです

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2021 【生活支援!】人気の消費者金融徹底比較サイトはココっ! All Rights Reserved.