中堅消費者金融は審査が通りやすい?

キャッシングベスト3

わたしの会社はエアコンなどの電気モーターを開発しているのですが、海外製品の需要増加に伴い、収益が落ち込んでいて、上場企業ではあるのですが、ボーナスが毎回減っていき、今後大幅なリストラも検討されているので、妻に相談した結果、別の会社の面接を受けて、受かれば今の会社を辞めようと思っています。

ただ社長は結束力を重視することに最大限の努力を払うことを社内理念に掲げており、もし面接のことが会社にばれれば、首になる可能性もあります。この先他の会社にも入れず、今の職場を追われるようなことになったらと思うと不安です。

ただでさえ住宅ローンがあり、子どももいるので、貯金を切り崩さないとやっていけない月もあるくらいです。仕事が安定するまでにお金を借りたいのですが、回収見込みがないと思われたらアウトなので、審査に通りやすい消費者金融に申し込みをしようと思っています。ただ消費者金融は初めてなので、まずは生活苦でも借りれるのか知りたいです。

中堅の消費者金融であれば審査に通りやすいので大丈夫です

大手の消費者金融は銀行の傘下に入っている事が多く、100%貸金業法に則った審査を行っていくので、少しでも法的不備と判断されれば、審査には通りません。しかし中堅の消費者金融であれば、多少あいまいな点があっても、柔軟な判断が利くので、生活苦でも定期的な収入があれば大丈夫です。
(⇒銀行系消費者金融についてもっと詳しく

ただ金利は大手よりも2~3ポイント高くなるので、多額の借り入れをする時には、予め返済額を確認しておくことが重要です。消費者金融のホームページには返済シュミレーターがあるので、活用することをお勧めします。また年収の3分の1を超える借り入れはできないので、嘘の収入を申告する人もいますが、もしバレると借り入れできなくなりますので、注意が必要です。

中堅の消費者金融は、大手に比べて、限度額を高めに設定できたり、ブラックでも借りれたりするので、無利息期間の設定などの利便性はないにしろ、良心的な対応をしてもらえます。ホームページのある会社ならネットで全国どこにいても借り入れできるので便利です。

通常消費者金融などの貸金業を営む場合には、貸金業協会に登録許可申請をする必要があり、手数料を支払っていかなければならないのですが、ヤミ金などの悪徳業者は、貸金業協会に登録せずに、違法な金利で貸付を行っているので、気をつけましょう。

もしヤミ金からお金を借りてしまったら、警察や消費者生活センターに連絡しましょう。現在政府を挙げてカウセリング体制や金融経済教育の強化、ヤミ金の取り締まり規制などを検討しています。

【参考ページはこちら】
中堅消費者金融ならブラックでも借りられる?

大手の消費者金融より中堅消費者金融のほうが通りやすい

一般的に個人がキャッシングを行う際には消費者金融か銀行を利用する場合がほとんどですがそれぞれ利点・欠点があるので自分にあったキャッシング業者を探すのが重要です。もちろん銀行、消費者金融ともに日本各地に多数存在し、それぞれ内容は大きく異なりますが、一般的には銀行は金利が低い代わりに審査が厳しく、且つ審査結果がわかるまでが長いことが欠点だといえます。

一方消費者金融の場合金利が高いものの、審査が緩く、審査結果の発表も早いため申し込んだその日に融資を受けるといったことも可能です。(こちらもご参考に→審査が緩いキャッシングってある?

基本的に個人で借り入れを行う際には銀行ではなく、消費者金融が選択されます。従来サラリーマン金融を略してサラ金と呼ばれていたようにサラリーマンが利用するものでしたが、最近では女性のユーザーが爆発的に増えており、アルバイトやパートで収入を得ている主婦や学生の利用者も増えています。

消費者金融の審査では安定した収入を得ているかが最も大事で、アルバイトやパートであっても安定した収入が存在すれば問題なく借り入れを行うことができます。

ただし2010年に完全施行された貸金業法の中には総量規制が存在し、前年度の年収3/1以上の金額を融資することが禁じられました。これは消費者金融のみに適応される法令ですので、消費者金融を利用する際には注意する必要があります。

安定した収入以外には申込者が事故情報に登録されているかも非常に重要視されます。ブラックとは信用情報機関の事故情報に登録されている人のことであり、例えば3ヶ月以上返済を遅滞してしまった場合などに事故情報に登録されてしまいます。

しかしブラックであっても利用できる消費者金融は数多く存在します。具体的には審査が厳しい大手の消費者金融ではなく、審査に通りやすい中堅消費者金融の利用がお勧めです。ただし、知名度の低い消費者金融では稀にヤミ金や、それに近い系統の悪質業者が存在するので事前にネット上で入念に情報収集をするなどの対処が大切です。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2021 【生活支援!】人気の消費者金融徹底比較サイトはココっ! All Rights Reserved.