消費者金融の審査にまったく通らない理由

キャッシングベスト3

子供が習い事をしたいと言い始めたので、通わせてあげようと思っています。ただ、今の家計の状況を考えると、この出費は正直きついです…。ですが子供の望みはかなえてあげたいと思ったので、融資をしてもらうためいくつかの消費者金融へ借入を申し込みました。けれど、どの審査も全部通らず、非常に困っています。過去に借入を申し込んだ時はちゃんと審査には通りましたし、融資もしていただけました。

今回落とされてしまったのには何が原因だったのでしょうか?何か助言をください。

審査に落ちる原因は自分自身にあるかも!?

以前は融資を受けられたということですから、その間に何かあったと見て間違いないでしょう。過去に借入した時のことをよく思い出してください。返済はきちんとしてきたでしょうか?現状では返済の支払いを終えていても、遅延していた経験があるとわかれば消費者金融はその人を受け入れがたいと感じてしまいます。もしお金を貸したとしても、今回もまた返済が遅れるようでは困ってしまうからです。

また、返済を遅延した場合、その情報は信用情報機関という所に記録されてしまいます。それが事故情報として処理され、その人はブラックと認定されてしまうのです。ですから返済を滞らせた経験があったとしたなら、あなたはブラックになっているおそれがあります。

その場合は1年、長くて5年の間はお金を借りることができないようになっています。そのため、あなたから借入の申請があっても審査の段階であなたがブラックであるとわかったので、融資をしてもらえなかったということになります。

それに、あなたはいくつかの消費者金融に申し込んだということですが、短期間にいっぺんに審査の申請をしていませんか?これも審査に落とされる原因の一つだと思われます。借入を申し込んだという記録もまた信用情報機関に保存されており、ここから得た情報を元にして消費者金融は利用者に融資をしても良いか決めています。一度にたくさんの消費者金融で借入の申請を行うと、「こんなに借入審査を申し込んでいるけど、返すあてはあるのか」と疑問に思われてしまうのです。

以上のようなことに思い当たる節があるようなら、ブラックであることを疑ってみて良いと思います。ただ、あなたがブラックだということが推測の域を出ないのも確かです。そこで確信を得るためにも、信用情報機関に確認をしてみるのが一番手っ取り早いです。今まであまり気に留めていなかったことが消費者金融では問題だと判断され、事故情報として登録されている場合もあります。

申請すれば自分の借入情報や事故情報をすべて教えてもらえますので、一度は連絡を取ってみるのが良いでしょう。もし何もないようなら、他にも原因が存在しているおそれがあります。その時は改めて消費者金融への借入の申し込み内容や、自分の収入面などを見直し、対策を練ることが大切です。

信用は築くのは難しいですが、壊れてしまうのは一瞬です。現在はそれで良いと思っていたことが、将来に影響を及ぼすことだってあります。今後また借入の申し込みをされるかと思いますが、その場しのぎで利用件数を多く増やしたり、返済を遅延させるといった行動には十分気を付けることが重要です。

【参考ページはこちら】
ブラックでも借りられる消費者金融はある?

消費者金融に「全部通らず」とはどういう理由なのか

消費者金融を利用したいというような場合にはその消費者がどのような人であっても、必ず審査を通過する必要があります。

ですが審査を通過できるかどうかということについてはそれぞれの消費者の状況次第ということになりますから、中には「何度受けても審査を通過できない」というようなことや、「全部通らず」というような状況があり得るのです。

それではどうしてそういった状況になってしまうのかというと、これは主に二つの理由が考えられます。

まず一つ目が「消費者の信用情報に著しい問題が生じている」ということです。

たとえば収入がほとんどない無職や雇用保険受給者といったような状態であればほぼ間違いなく審査を通過することはできませんし、もし収入があったとしても、それが毎月変動する収入なのであれば安定性は低いと考えられてしまいます。

こうした状況にあるというのであれば、まずは収入状態を改善することが必要になるでしょう。

次にもう一つですが、これは「審査ブラックになっている」という状況です。審査ブラックとは「短期間に複数の消費者金融に対して申し込みをしてしまっている」というような状況です。

ではどうしてそれが審査を通過できない理由になるのかというと、こういった短期間に集中して複数の業者に申し込みをするということは「その消費者はお金に困っている」ということを事業者に想像させるからです。

さらに後から審査を申し込まれた事業者にとってみれば、それまでにほかの事業者が相次いで融資を断っているという状況は信用に問題があると考えられます。

こうした事情があるため、「一社に通過できなかったから別の業者に申し込んでみよう」とする消費者ほど、審査を通過できない恐れが大きくなってくるのです。

この場合、一か月に審査を申し込むのは三社までと決めて審査を依頼するとよいでしょう。

もちろんどれくらいの数で審査ブラックになってしまうのかということについてはそれぞれの事業者によって異なりますから、三社までなら必ず問題ないというわけではありません。

審査ブラックになるリスクをより減らしたいのであれば一か月に二社程度にとどめるようにしておくとよいでしょう。

消費者金融の審査に常に通過できないというようなことには必ず何かの理由が存在しています。

無暗に審査を申し込むのではなく、まずは落ち着いて「何が原因だったか」を考えるようにしましょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2021 【生活支援!】人気の消費者金融徹底比較サイトはココっ! All Rights Reserved.