横浜にもブラック可の消費者金融あります

キャッシングベスト3

横浜在住の33歳フリーアルバイターの男性です。実は2年ほど前に、消費者金融でお金を借りまくってしまった挙句に返済できなくなり。結局弁護士を介して任意整理をしたんです。

そのことで現在はブラック扱いなんです。でも、消費者金融でお金が借りられないと生活が成り立たないほど毎月お金に困窮しているのです。

家賃も滞納しがちなんです…。そこで横浜でブラックでも融資してくれるような消費者金融ってありませんか?

横浜にもブラック可の消費者金融あります

わかりました。あなたのご質問に答えましょう。調べた限りでは、横浜に店舗を構えているブラックでも融資してくれる消費者金融は、1社だけですが認められます。

その消費者金融は、横浜市に店舗を構えており、昭和56年創業の老舗の中小消費者金融なんです。まあ~街金融と言った方がしっくりくるかもしれませんね。もちろん正規で合法なので安心して利用できますよ。

また、融資は全国規模で行っており、インターネットでの新規申し込みも可能なので横浜在住以外の方でも利用は可能です。さらに、消費者金融の中でもこの会社は、比較的審査基準が緩め柔軟なことから「ブラックでも融資してくれる!…」とのことで利用されている方は多いようなのです。(こちらもご参考に→ブラックでも貸してくれる大阪の消費者金融は?

口コミ情報によると、融資がOKとなれば1時間くらいで審査結果を教えてくれるみたいです。ただし、即日融資には対応していないようです。それは本人確認の書類等の必要書類の提出が郵送の指定となっていることと、審査に通過した場合のみ連絡があり、その後に最終審査を受けるといったように、いく分審査から融資まで時間を必要とするからなのです。

加えて、以前は債務整理者に審査を通しやすくする代わりとして、保証料の支払い義務があったようですが、現在は無くなっているようです。一方、融資については、あえて融資額を明示していません。

あくまでも総量規制の収入の3分の1までを融資額としています。また、金利は実質年率15.00%~20.0%となっており、中小消費者金融としてはレベル水準と言って良いのではないでしょうか。

他方、必要書類として健康保険証の提出が必須となっており、それに加えて他の身分証明書の提出が必要になるので注意してください。

返済方法は、一括か残高スライド元利定額返済方式のどちらかとなります。返済は会社のATMに加えて、提携先のATM、口座からの自動引き落としとなります。さらに言えば、ブラックでも融資可能で全国融資に対応した消費者金融は他にもたくさんあるので、即日融資が前提でなければ、あえて横浜にあるブラック可の消費者金融のみに拘る必要はないとも言えますね。

とまれ、横浜市にある某消費者金融はブラックでも融資してくれますが、即日融資は無理と考えてください。

【参考ページはこちら】
ブラックだけど消費者金融に申込みたい場合

横浜でブラックでも借りられる消費者金融機関は存在するのか

景気低迷が長引き、給料が思うように上昇しないだけでなく期待しているボーナスですら満足な金額をもらえないと言ぼやく人も少なくありませんが、一向に景気が回復した実感が持てないのが現実です。

給料日前になると財布の中身も心細くなり、残り数日とはいえ残金がほとんどゼロに近いという人もおおく、そんな時に限って断れない誘いや予定外の出費に頭を痛めるものです。

どうしても現金が必要な時に頼りにするのが街の消費者金融機関ですが、比較的審査も簡単という事もあり急な出費で困っているときには心強い味方になってくれます。

しかし過去に金融機関からお金を借り、何かの事情で返済期日を過ぎてしまった人などは、信用情報機関等に返済が遅れたという事実が記録として記載されてしまうために、後日お金を借りようと消費者金融機関に申し込んで審査を受けても、審査に通らないためにお金を借りることが出来ません。

信用情報機関に記録が残ってしまい、ブラックリストに乗るとも呼ばれていますが厄介なことに一度この情報が記載されてしまうと、7年ほどは記録から削除することが出来なくなってしまいます。
(⇒ブラックでも借りられる消費者金融はある?

東京や横浜などの主要駅周辺には、ブラックでもお金を借りられるといったような宣伝広告を見かけることもありますが、しっかりとした正規の貸金業者免許を所持している正規の消費者金融では、ブラックの人にお金を貸してくれることはありません。

なのでそのような宣伝を行っている会社は、正規の貸金業免許を持っていない可能性もあり、法定利息以上の金利を貸す場合もあるので、後々のトラブルを防ぐためにも避けるようにしなくてはいけません。

最近では携帯電話や公共料金の支払いを銀行の口座引き落としにする人も増えていますが、残高が不足してしまい引き落としが出来ないといった場合でも、その事実が信用情報機関に残ってしまう場合があるので口座の金銭管理は、十分注意して行うようにする必要があります。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2021 【生活支援!】人気の消費者金融徹底比較サイトはココっ! All Rights Reserved.