消費者金融から法人として借入したい

キャッシングベスト3

事業拡大をしようと思っています。リスクが高いことは十分承知していますが、やると決めたからには成し遂げたいです。事業拡大をするにあたり、融資をしてもらいたいので消費者金融をあたる予定です。しかし、消費者金融のサービスというのは見たところ個人向けばかりのように思うのですが、法人向けに融資をしてくれることはあるのでしょうか?

ビジネスローンと呼ばれる法人向けの借入サービスがあります

大丈夫、消費者金融は法人向けの融資も受け付けているよ。法人向けのサービスはよくビジネスローンって呼ばれているんだ。法人向けだからと言って審査が特別厳しいことはない。それに申し込み方法も簡単で、店舗に出向かなくても契約できてしまうんだ。ただ、個人向けと違う特徴もあるから気を付けておきたいこともある。特に次の3つのことを頭に入れて、よく理解してから借入をすることが安全な方法だよ。

まず1つめは、融資金額の限度は最大で1000万円だということ。個人向けの借入でも最高限度額は500万円だから、やはりこれは法人向け特有の金額であると言えるね。ただ注意してほしいのは、最初の借入を申し込む時点で満額を申し込むことは難しくなっているという点だ。と言うのも、最初に借りられる金額というのはこの1000万円よりもやや低く設定されていることがあるんだ。

けれどある程度の期間コンスタントに借入を続けていて、かつ期限までに返済を終えていれば、相手も信頼してくれるようになる。そうすると現状の限度額を上げてくれるよう検討してくれるよ。(こちらもご参考に→消費者金融の限度額についてもっと詳しく)だから、より多くの資金が必要になってくる場合にも備えられるように、安定した借入状況を保つことが重要になってくるんだ。また借入の時には代表者による連帯保証が必要になることもあるから、消費者金融に確認を取っておくこと。

2つめは、法人向けの場合は年収の3分の1までという規則が適応されないというところだ。事業に使う時は個人よりも特にまとまったお金が必要になるから、このようなルールが採用されているんだ。だからと言って、自分が返済の期限までに返せない金額を借りてはいけないよ。あくまでも収入の範囲内で借入をすることが決まりになっているからだ。返済を遅らせれば、それ以降融資をしてくれなくなるおそれもある。借入をする時は返済のことも念頭に置いておいておき、金額には十分注意すること。

そして最後の3つめは、事業資金に使うなら用途は問われないということだ。借りた金額で的確に事業拡大を進めていくのが、お金を借りるための条件ということだね。逆に言えば不当な用途に使われたことがわかったら、返済を遅延させた場合と同様に融資が中止されてしまうということだ。もし用途に関して不安を感じるようなら、後で困らないためにもあらかじめ消費者金融に相談してみることが大事だよ。

法人向けの借入は限度額や規則に個人向けとの違いはある。けれど借入の基本的な決まりや借入金額について気を付けるべきことは、個人で借りる時とほとんど同じなんだ。事業拡大は不安定な要素も多いから、より早く状況を安定させるためにも適切な借入を心がけて融資を受けることが大切だよ。

【参考ページはこちら】
消費者金融は以前はサラ金だった?

法人向けのサービスを提供している消費者金融

消費者金融の「消費者」という言葉は、一般的な個人を指します。ですから、基本的には個人向けのサービスだと言えるでしょう。かつてはサラ金と呼ばれたこともありましたが、これはサラリーマン金融の略で、もともとはサラリーマンなどの給与所得者をターゲットとして提供されたサービスなのです。ですから、基本は個人向けのサービスと考えられます。(こちらもご参考に→最近は派遣もお金を借りやすくなった?

しかし、個人ではなく法人向けの融資を行っている消費者金融もたくさんあります。もしも会社経営を行っていて法人の代表となっているのであれば、個人向けのサービスではなくて法人向けのサービスを利用したほうが良いケースが多いです。
(⇒消費者金融を利用しやすい職業とは?

その理由の一つが信用力です。日本の金融機関の多くは個人よりも法人のほうが信用力が高いと判断します。その理由は、法人のほうが情報を入手しやすいからです。法人設立をするときには法務局で登記をするのですが、この時には資本金の情報を登録します。この情報は誰でも見ることができるのです。

資本金とは、簡単に言うと最初に集めたお金です。例えば資本金が2,000万円の会社を設立したのなら、そこの社長は何とかして2,000万円を集める事ができるくらいの信用力はあると言えるでしょう。このような情報を入手できれば、金融機関はその会社を信用しやすいのです。そのため、借りやすくなると考えられます。

もう一つは総量規制の対象外になることです。個人で消費者金融から借り入れをした場合、総量規制が適用されます。その金額は年収の3分の1ですから、多く借りることはできません。法人に対してはこの総量規制は適用されませんから、個人で借りるよりもたくさん借りることができるケースが多いのです。

このように、法人として借り入れをするメリットは大きいと言えるでしょう。ですから、会社経営を行っている人が消費者金融から借り入れをする場合には、個人向けのサービスではなくて法人向けのサービスを利用したほうが良いです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2021 【生活支援!】人気の消費者金融徹底比較サイトはココっ! All Rights Reserved.