消費者金融がNGだと借りられる所はない?

キャッシングベスト3

こんにちは。私の姉の相談なのですが、消費者金融ではお金を借りられなかったそうです。お金を借りられる所で一番審査がゆるいのは消費者金融ですよね?消費者金融で借りられなかったら、もう借りられる所はないのでしょうか?姉は32歳の専業主婦で、クレジットカードは持っているけれど、消費者金融を利用した事はないそうです。危ない所には手を出してほしくありません。姉が借りられる所があれば教えて下さい。

専業主婦の方には消費者金融よりも銀行のカードローンがお薦め

お姉さまに代わってのご相談、ありがとうございます。消費者金融は、比較的審査がゆるく借りやすいと言われていて、利便性もいいので多くの方に利用されています。ただ、専業主婦の方にとっては、借りやすい所ではないのです。その理由をご説明しますね。

消費者金融は、貸金業法という法律に基づいて営業しています。貸金業法には、金利の上限は20%までという制限があり、信用情報(借入れや返済の情報)を登録・共有するなどの決まりがあります。

また、貸金業法の中には総量規制という制限があります。この総量規制は、年収の3分の1を超える新たな貸付はできないというものです。専業主婦(主夫も含む)の方は、自分の収入が0円なので3分の1にしても0円です。法律の中では、配偶者の同意があれば、世帯全体の制限内(配偶者の年収の3分の1)で借りられる事になっていますが、提出書類が多くなります。また、多くの消費者金融は貸付条件に「安定した収入があること」としているので、現実には消費者金融で借りることは出来なくなっています。

では専業主婦の方にはどこにも貸してくれる所がないのか・・・というとそうではありません。新しいクレジットカードも作れますし、カードローンでお金を借りることも可能です。ただし、カードローンは銀行のものになります。

銀行には総量規制がないので、専業主婦の方にも貸付が可能です。(ただし、貸付制限額はあまり大きくはならないです。)申込みの時に配偶者の収入は聞かれますが、ほとんどの銀行では同意書提出などの必要はありません。一般的には銀行よりも消費者金融の方が借りやすいと思われていますが、専業主婦の方に関しては、銀行の方が借りやすいのです。普段利用している銀行の方が何かと便利だと思うので、行きつけの銀行にカードローンがないか確認してみるといいでしょう。

相談の中に、「危ない所」という話があったので、注意するべき事を少し書いておきます。貸金業法やその他の法律に反した違法業者は「ヤミ金」と呼ばれています。ヤミ金は、インターネットなどで「審査がゆるい」「主婦でも借りられる」などの条件をつけて検索しているうちに見つけることが多いです。初めて借りる人は大手の業者に集まるので、条件付きのフレーズで勧誘しているのです。また、頼んでいないのにダイレクトメールを送ってくることも有ります。(電子メール、郵便の両方があります)そのような所からは絶対に借りないでください。

先ほど、銀行のカードローンがお薦めと書きましたが、その他の方法としてクレジットカードのキャッシング機能を使う方法もあります。多くのクレジットカードには、ショッピング枠の他にキャッシング枠があり、現金を借り入れる事が出来ます。制限金額はクレジットカードの明細に書かれています。銀行のカードローンよりも金利が高めの場合が多いですが、一時的に借りたい場合は新たな手続きも必要なく便利です。

どこで借りるにしても、金利がつきものです。必要な額だけを借りて、なるべく早く返済するようにしましょう。

【参考ページはこちら】
消費者金融の審査に通らない理由とは

消費者金融審査に落ちたらまず原因を考えましょう

生活していく上でお金が必要になるシーンはさまざまで、子供の教育費、家具や家電の買い替え、どうしても断れない交際費など出費は切りなく出てきます。

そのようなとき貯えのある方はなんとかやりくりできますが、貯えのない方はどこからかお金を借りなければなりません。

そのようなとき頼れるのが消費者金融ですが、借り入れを申し込む際に必ず行われるのが審査です。

この審査に落ちてしまったという経験をお持ちの方も少なくないでしょうが、消費者金融審査に落ちたら一体何が原因だったのかを知る必要があります。もちろん審査に落ちた理由は教えてはもらえませんが、一般的に審査に落ちたと考えられる原因はいくつかあります。

まず第一に考えられるのが、過去に借金をしたときの情報です。この情報のことを信用情報といいますが、信用情報があまりよくないと返済能力が低いとみなされてしまい融資を断られてしまいます。

ですので過去に借金の返済が遅れていたり、返済できずに自己破産をしてしまったりといった経験をお持ちの方はそれも一つの原因として考えられます。

しかし、この信用情報というのは5年から7年経過すれば記録は抹消されますので、このような過去があるからといってこの先ずっと融資を断られるといったことはありません。

自身の信用情報が気になるといった方は一度、信用情報機関に記録が残っているか確認をしてみるとよいでしょう。

次に考えられる原因として総量規制があります。あまり聞きなれない言葉でしょうが、これは年収の3分の1以上の金額の借り入れを禁止する法律で、この法律が制定されてからは無職の方などの借り入れは難しくなってしまいました。

ですので借り入れを申し込んだ時点で他の消費者金融からも借り入れをしている方は、この総量規制の限度額を超えてしまう可能性から審査に落ちていると考えられます。このように審査に落ちてしまう理由はいくつか考えられますが、審査の甘い消費者金融も存在しますので、諦めずに借り入れを申し込んでみましょう。(こちらもご参考に→消費者金融の審査基準を教えて!

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2021 【生活支援!】人気の消費者金融徹底比較サイトはココっ! All Rights Reserved.