消費者金融のトラブルで気をつけることは?

キャッシングベスト3

こんにちは。聞きたい事が有ります。消費者金融に興味がありますが、トラブルになるのが心配です。消費者金融の利用にはどんなトラブルの可能性があって、何に気をつけたらいいでしょうか?

消費者金融のトラブルは大きく分けて2種類、原因が業者か自分か

質問ありがとうございます。利用する前に想定されるトラブルを確認しておくのは大切なことです。消費者金融のトラブルには、原因が業者側のケースと自分側のケースの2種類があります。まずは、業者側が原因のケースを紹介します。

業者側が原因で一番厄介なのは、正規の登録をしていない違法な業者と関わってしまうことです。消費者金融は都道府県に登録をして営業をしています。そのような登録をしていない所が、俗に「ヤミ金」と言われる業者で、法外な金利を請求したり、無理な取り立てをしたりします。

その他には、手数料などの名目で現金を請求される、他で借りて来るように言われ業者を紹介される、指示されて他で作ったクレジットカードを手渡すように言われるなどの例が有ります。

ヤミ金は、インターネットで「審査がゆるい」といったキーワードで検索しているうちに見つけるケースが多いです。また、投げ込みのチラシやダイレクトメール、電子メールに書かれた所に連絡をしたら、実はヤミ金だったという例もあります。中には大手消費者金融と間違えるような名前や、他社の登録番号をつけているケースもあり、注意が必要です。
(⇒闇金やブラック対応の消費者金融は紙一重?

業者を選ぶ時には、銀行の系列や、大手の消費者金融を選べば安心です。また、あまり有名でない中小の業者にもきちんと営業している所は沢山あります。登録貸金業者を検索できるホームページがあるので、そこで確認をすると確実です。調べる時は、会社名や登録番号ではなく電話番号を使いましょう。

自分が原因のトラブルで多いのは、延滞をしてしまうケースです。うっかり忘れる事は誰にでも有るので、1回程度の延滞なら見逃してもらえる所が多いようです。ただ、再度請求が来ても支払わず長期化する、延滞を何度も繰り返すなどは問題になります。

消費者金融の利用者の中には、複数の業者から借りる「多重債務」になる人がいます。多重債務に陥ると債務整理や自己破産というトラブルに繋がりかねません。このようなトラブルを「金融事故」といい、信用情報に記録され、数年は新しい借り入れができなくなります。これが俗に言う「ブラックリストに載った」状態です。ちなみに、信用情報には申込みや借入れ、返済状況も記録され共有されています。

ブラックリストなどの心当たりがないのに、審査に通らなったという話も聞きます。転職や引越しをして間もない人は不利になる事が有ります。短期間に複数の業者に申込むのもマイナスの要素です。「あちこちから借りて返せなくなるのでは?」と思われるからです。

貸金漁法の総量規制にかかって、新たな借入れができない人もいます。総量規制とは、年収の3分の1までしか貸せないという決まりです。審査に通っても希望の金額が借りられなかった場合にも、総量規制が関係あるケースがあります。

その他には、「金利がゼロだと思っていたのに違った」などの話を聞きます。金利ゼロのサービスをしている所はいくつかありますが、期間や金額など、適用になる条件があるので利用する際は確認が必要です。

以上、消費者金融で多いトラブルを挙げてきました。このようなトラブルを避ける為には、登録が確認できた正規の業者を利用し、借りたお金はきちんと返していく事が必要です。当たり前のことですが、それが業者からの信頼となり、スムーズな借入れにつながるのです。

【参考ページはこちら】
大手がたくさん利用されるのは審査が緩いから?

消費者金融にまつわるトラブルとその対処方法

ひと頃と違って消費者金融はかなり身近なものとなっており、給料日に収入があるまでの当座の生活費やちょっとした買い物のためにカードローンやキャッシングでお金を借りるといった気軽な利用も、生活シーンのなかで珍しくはなくなりました。

そのため、こうした消費者金融に関係したトラブルは多くなっており、消費生活センターや地域の弁護士会などでは、多重債務に関する無料相談会を開催して、トラブルの救済にあたるケースも増えてきています。
(⇒消費者金融に関するおすすめQ&A

例えば、借り入れをしたものの、元金が大きすぎて利息だけしか返済できず、生活に困ってしまったといったケースですが、こうしたトラブルでは任意整理、破産手続、個人再生手続、特定調停といった、法律で認められた債務整理の方法で、返済計画を組み直したり、債務の一部の免除を受けたりして、生活の再建にあたることができます。

また、子供がした借り入れについて、返済が滞っているために消費者金融から親族に支払い請求が来ているというトラブルでは、保証人になっていない限りは支払いの義務は生じず、また保証契約も書面でしなければ効力を生じないことから、請求がそもそも無効である可能性があります。

さらに、ヤミ金融や悪徳金融業者から高金利で借り入れをしてしまい、厳しい取り立てにあっているというケースでは、契約書に記載された金利自体が違法であり、訴訟によってかえって払いすぎた部分の返還を求めることができます。

このようなトラブルは、いずれも金融に関する法律上の知識などが求められることから、弁護士や司法書士などの専門家に相談のうえで、解決を依頼するのがもっとも近道になるものと考えられます。

行政や公的機関が開催する無料相談会では、そうした専門家が相談員となっていることも多く、仮に相談員が専門の資格をもっていない場合でも、相談の内容を踏まえて、しかるべき機関につないでくれることが多くありますので、機会を積極的に活用することが望まれます。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2021 【生活支援!】人気の消費者金融徹底比較サイトはココっ! All Rights Reserved.